入れ歯の選択肢


竹芝サウスタワー歯科は超精密義歯(入れ歯)治療を数多く行っております。当院の治療の特長は、歯科医師と義歯専門の歯科技工士がチームを組み、患者様一人一人の口腔環境に合わせた治療を行うことにより、義歯の細かい悩みを解決いたします。
当院のこうした特長は患者様から高く評価されており、義歯でお悩みの患者様が関東一円より多数来院されています。

具体的には、日本顎咬合学会認定医である当院長と義歯専門の歯科技工士が、一点ずつオーダーメイドで精密に制作する特別な義歯が高い評価を得ております。

保険が適用される義歯と、適用されない義歯ではどこが違うのか?
また他院の義歯とは何が違うのか?当院の義歯ではこれを確実に体感することができます。

痛い? 痛くない?
噛める? 噛めない?
しゃべりやすい? しゃべりずらい?

竹芝サウスタワー歯科は、患者様とよくお話しし、二人三脚の治療法で患者様の不安や心配を取り除き、満足のいく義歯をお作りしております。

金属床義歯

入れ歯の「床」の部分が金属で出来ています。通常の入れ歯より薄く作る事ができ、しかも熱が伝わるので装着感は快適です。世界的にも金属床義歯は標準的なものですが、日本においては保険が適用されないため、贅沢品と勘違いされている面があるようです。

特徴として
  ●入れ歯としての強度が高い
●薄く作れる
●装着感が良く、舌が触れた時の感触も異物感が殆ど無い
●比較的、小さく作れる
●熱の伝導率が高いので、熱いものは熱く、冷たいものは冷たく感じることがでる
●味覚を損ないにくいメリットがある
●自費のみ(保険は適用されない)
  金属床義歯
金属床義歯
などが挙げられます。

レジン床義歯

入れ歯の「床」の部分がレジンと呼ばれる合成樹脂で出来ています。入れ歯として古くから使われてきたもので、保険も適用されます。ただ、樹脂であるため、熱の伝導率や装着感では他の種類の入れ歯と比して劣る部分が多いのも事実です。

特徴として
  ●強度に欠ける
●やや厚みがある
●広範囲になるため違和感や異物感が強く、味覚を損ないやすい
●保険が適応される
などが挙げられます。

  保険適用タイプの総入れ歯
保険適用タイプの総入れ歯
  保険適用タイプの部分入れ歯
保険適用タイプの部分入れ歯
 

よく知られている入れ歯としては、この2つが挙げられますが、両義歯とも入れ歯をとめるための金属のつめは必要です。ただ、最近は歯科技術の進歩により、審美性に優れ、装着感も良い入れ歯が知られ始めています。

無料お問い合わせフォーム

Copyright © 医療法人社団 未来会. All Rights Reserved.