入れ歯にも審美性


歯科技術の進歩は日進月歩です。
最近では、従前の入れ歯とは異なり、審美性に優れ、装着感も良い入れ歯が普及し始めています。

ノンクラスプデンチャー

留め金のない入れ歯として脚光を浴びているノンクラスプデンチャーは、弾力性のある特殊素材(スーパーポリアミド)を用いた新しい入れ歯で、金具を使わないので審美的に優れている、という特徴があります。
フレキシブルデンチャー(曲がりやすいという意味)とも呼ばれています。

当院では、ノンクラスプデンチャーはこのような方にお勧めしております。

  ●初めて入れ歯を入れる方
●審美的欲求の強い方
 入れ歯を入れるだけでも心理的な抵抗があるものです。
 ノンクラスプデンチャーには金属の金具がありませんので、審美的に良好です。
●インプラントにしたいけれど踏み切れない方
 インプラントにしたいけれど手術が不安な方や、費用的に難しい方などに適しています。

  ノンクラスプ義歯
ノンクラスプ義歯
  ホワイトクラスプ
ホワイトクラスプ
 

コーヌスクローネ義歯

当院の推奨する入れ歯です。
バネない入れ歯の代表格で、自分の歯が少なくなった人に最適といえる入れ歯です。

コーヌスクローネ義歯は、針金が見えなく、歯を固定する効果に優れ、長持ちする治療法です。保険の効く入れ歯は、歯に針金で留める方法が用いられています。この方法では外から針金が見え、留める部分が少ないので不安定で、残っている歯に負担を与えるため歯が長持ちしません。コーヌスクローネ義歯は残っている歯にすっぽり被せて留め、欠損した歯を補う方法です。この方法は義歯が安定し、また外から見ただけでは、入れ歯であることが分かりません。健康な自分の歯が何本か残っている患者さんには、最適な治療法といえます。コーヌスで治療した患者さんの歯並びを見ていると分かりますが、見た目もとても綺麗です。そしてしっかり留まっているので、入れ歯を気にする素振りが全くありません。

この治療法を愛用している人たちは、インプラントまでは望まないものの、通常の入れ歯では満足できない方が多いのが特徴です。内冠という冠を歯の上から歯茎まですっぽり被せてフィットさせますので、吸着力が強く安定感があり、異物感もなく快適に装着できます。この入れ歯の特徴として、コーヌス・デンチャーは、他の歯が残りやすいという他の入れ歯にはない特徴があります。また固定効果があり、グラグラしていた他の歯の動揺が収まる場合もあるのです。
コーヌス・デンチャーの製作には、歯にお茶の缶のような構造の内冠、外冠という構造物を作るので、歯科医師、歯科技工士には大変手間の掛かる治療法になります。来院回数、治療時間も通常の入れ歯より多くかかるため、患者さまの協力も必要になりますが、その分すばらしい治療効果が期待できます。

コーヌスクローネの利点
  ●装着感が良い
 従来の入れ歯より維持に優れ動きが極めて少なくなり、
 装着感に優れ着脱時にも残った歯に対して、有害なストレスを与えません。
●噛み合わせがしっかりします
 食べやすさや噛み合わせが、保険適用の入れ歯に比して格段に良いです。
●優れた耐久性
 残った健康な歯への負担が少なく、将来他の歯を失うことがあっても
 リペア―が簡単ですので、末長く使用することが可能です。
●満足の美しさ
 歯の外側に金属のバネを掛けたりする必要がありませんので、
 審美的にも良好です。
  コーヌスクローネ義歯
コーヌスクローネ義歯

ミリングデンチャー

保険の入れ歯にありがちな金属のバネがみえない美しく自然な入れ歯です。ミリングデンチャーは入れ歯だけでなく、それを固定する差し歯から設計します。
まず入れ歯(義歯)を固定するために、差し歯側と入れ歯側に精密加工を施します。入れ歯(義歯)の着脱方向が一方向になり、口の中でしっかり安定するため、装着後の歯との一体感があり、違和感なく食事ができるようになります。

インプラントをためらわれている方には、是非ともお勧めです。

ミリングデンチャーの特徴
  ●残っている歯と入れ歯(義歯)が一体化し、ぴったりフィットするので、装着時の違和感が少ないです。
●差し歯側と入れ歯側の両方に精密加工を施します。
●今までの入れ歯(義歯)のように金属のバネが見えないので美しく自然です。
 歯にかかる力を分散するため負担が少なく、残っている歯を長持ちさせます。
●噛み合わせに優れているため、よく噛めて、おいしく食事ができます。
 よく噛めることは、なにより健康への第一歩です。

無料お問い合わせフォーム

Copyright © 医療法人社団 未来会. All Rights Reserved.